2035年にガソリン車販売禁止へ

菅首相が1月18日の通常国会で、2050年カーボンニュートラルへ向けて、2030年代半ばまでにガソリン車の販売を停止し、電気自動車や燃料電池車を主流にすることを発表しました。

これは将来的には私たちが移動に使う車両のエネルギー源が燃料から電気へ変わっていくということです。

そのため、今から太陽光発電を導入し電気自動車を使うようになった際には太陽光の償却を終えたパネルの発電量によって、自動車の電気を賄うことができるという形が理想的になりますので、ぜひ太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2021.02.19alex-solar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です