2050年

地方公共団体における2050年温室効果ガス排出実質ゼロ表明

地球温暖化対策の推進に関する法律では、都道府県及び市町村に温室効果ガス排出の抑制など制度を計画策定するように努めるものとされています。

こうした制度の影響で、2050年に温室効果ガス排出量を実質ゼロ(温室効果ガス発生量と森林や人為的な吸収、除去量の均衡を達成)を目標に取り組むことを表明した地方公共団体が増えてきています。

岡山県では県が目標を掲げており、岡山県全体で一丸となって目標達成を目指していくことが重要だとされています。